山口大学(吉田キャンパス) 学生アパート・マンションの部屋探しアドバイス オススメの家賃の金額

山口大学卒業生が教える!後悔しない学生アパート 賃貸マンションの選び方 山口市編 2018年 入学生対象!

学生アパートの家賃の決め方 いくらくらいの家賃がオススメ?

 

学生アパートの家賃の決め方 いくらくらいの家賃がオススメ?

山口大学周辺の学生アパート・マンションを探す時に、まず家賃をどのくらいにするのか?は大事な部屋選びの条件です。

初めて一人暮らしする!っていう方は、どうやって家賃を決めればいいのかイマイチわからない!っていう方も多いと思います。

このページでは、ボクが山口大学の学生時代に、親から仕送りをいくらもらって、いくらの家賃の部屋に住んでいたのか?

 

また、その家賃にした結果、学生生活はどんな感じだったのか!?

貯金はどのくらいできたのか!?

などなど体験談を混じえながら、いくらくらいの家賃がオススメなのか?をご紹介していきます!

 

親の仕送りは10万円で、家賃は4万円の学生アパートに住んでいました

両親と娘(子供)

ボクは、山口大学の学生時代、親から1ヶ月10万円の仕送りをもらっていました。

その予算内で住んでいた学生アパートの部屋の家賃は、4万円でした。

なので、残りの6万円で1ヶ月を過ごすわけです。

 

ちなみに、ボクの学生時代の平均的な支出(生きていくために必要な最低限な支出)はこんな感じ。

食費が、自炊と外食をたまにするっていう感じで、1ヶ月で、3万円ほど。

水道光熱費(水道代、電気代、ガス代)が、1ヶ月で、約1万円(水道代3000円弱、電気代2000円、ガス代5000円弱)。

合計で、4万円は生きていくために必要でした。

 

家賃で4万円、生きていくために必要な支出が4万円。

10万円の仕送りがあったので、残りの2万円で、スマホ代やら遊ぶお金、貯金をしている感じでした。

最初の頃は、お金が足りない!っていうことは全然なかったんですが、友達が増えるにしたがって、交際費がかさみバイトすることに…

週に2〜3日ほどバイトして、月に4万円ほどの収入を稼いでいました。

 

バイトしていたんですが、大学2年生の時に、車を購入!

車の維持費、ガソリン代などがさらにかかるようになって、バイトしていても結構ギリギリの感じの学生生活でした。

 

…っとこんな感じで、大学生の生活費ってなかなかギリギリな感じになりがちです。

ひと月の仕送りの額にしめる家賃の割合いを考えて、家賃を決めるのがオススメです。

 

結局、いくらくらいの家賃がオススメ?

疑問・どれがオススメ?

実際に、山口大学で学生時代を送ったボクのオススメする家賃の額は…

3万円〜4万円です!

このくらいの家賃だと、過ごしやすいいい部屋がありますし、生活費をそんなに圧迫しない!っていう感じです。

 

ただ、3〜4万円の家賃の学生アパート・マンションの中で、住みやすい いい条件の部屋となると、

ライバルが多くて微妙な部屋に住まざるおえない!っていう状況にもなりかねません。

大学生活を過ごす部屋選びで後悔しないためにも、これから紹介する記事を参考にしてください。

 

【いい条件の部屋に住むための必読記事】

山大周辺の部屋の仮押さえ予約の方法
⇒ 山口大学(吉田キャンパス)周辺の空き部屋の予約・仮押さえの方法

この記事の方法で部屋探しをすることを強くオススメしています!

この「予約」をすれば、ライバルを出し抜きいい条件の部屋に住むことができますし、

時間の節約にもなります!

詳しくは、上の記事をご覧ください。

 

タグ : 

山口大学生のアパートの見つけ方・ワンポイントアドバイス    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: